U8 ユニアオ杯 優勝”

ユニアオ杯 優勝”おめでとう✨

久しぶりのフットサルの大会という事もありましたが、ボールやルールの違いにも即対応ができた選手達。数多くのゴールと共に素晴らしい笑顔と闘いを魅せてくれました。

vs アウトライン 10-1(7-1)(3-0)

おうすけ③あたる→おうすけ2 いぶき→おうすけ いぶき③あたる→いぶき あたる①

らいき②げんわ→らいき たくと→らいき れお① げんわ→れお

vs ユニアオ10-1(4-0)(6-1)

たくと③らいき①あゆま→らいき

げんわ②あたる→げんわ れお→げんわ いぶき②げんわ→いぶき あたる①いぶき→あたる れお①

vs 安土Fアカデミー 12-1(4-0)(8-1)

おうすけ③ らいき①

あたる④たくと→あたる げんわ②あたる→げんわ たくと②

vs ディバイン 8-2(6-2)(2-0)

いぶき④あゆま→いぶき あゆま①かい①

れお①げんわ→れお おうすけ①

大会1日を通して全選手がサッカーに対しての素晴らしい集中力を見せてくれました。勝ちたいという強い想い。試合では何より全てのプレーにおいて切り替えの速さを見る事が出来ました。試合の合間では各選手が自分に足りないモノ、上手くなりたいという意識を持ち楽しく練習に取り組む姿勢も多く見れました。この練習に対する姿勢が今後、大きな差を生む事になります。更にサッカー選手として、チームとしてのマインドを高めて行きましょう。

いぶき 数多くの得点と局面の打開(ドリブル突破)でチームに勢いを着けてくれました。第3試合等、疲れが出てきた場面でも切り返しの深さやキレが無くならないように更に体力と技術を磨いて下さい。クロスボールを正確にマイナスへ蹴れる技術が更にチームへ多くのゴールチャンスを創る事になります。高めて行きましょう。最終試合でのファーストチャンスをしっかりと決めて、チームの優勝へと大きく進めてくれました。パーフェクトです。

おうすけ 第1試合の最初から全開でギアが入っていました。シュート、パス、ドリブルのハッキリしたプレー。迷いが無く安定感を感じる事が出来ました。その中3得点と結果もバッチリでしたね。味方からパスを受ける場面、パスを受けたい場面でボールに少し寄っていってしまう場面が見られます。ボールをもらう意識を持ちながら離れる(距離を取る)パスを受けた後のプレーがもっと楽になり多くの選択肢が増えます。意識をして行きましょう。ディフェンスの場面では無駄に飛び込む事なく、姿勢良く相手のスピードを落とす事が出来ています。ピンチになりかけた場面のファーストディフェンスで何度もチームを救ってくれました。

あたる 終始多くの運動量で試合全体をコントロールしてくれました。その中でもパスのタイミングが良くなっています。味方が欲しいタイミングで欲しい場所に正確なパス。ハッキリとしたプレーにパスを受けた選手も次のプレーがしやすかったと思います。コレがチームにリズムを生みます。第3試合でのたくと→かい→げんわ→あたるへのダイレクトパス3本のプレー。素晴らしい連携プレーで最後あたるの足が止まったね。あの一瞬、動きを止めない運動量と狙い。高めて行きましょう。自分よがりのプレーでなく味方の気持ちやプレーの幅を広げてくれるパスや多くのプレーにセンスと成長を見る事ができました。

かい ボールの予測と切り替えの速さが素晴らしかったです。終始ピンチの場面でも身体を入れたディフェンスでしっかりとボールを奪還して、チームを前へ前へと進めてくれました。今回は得点こそ多くは有りませんでしたがそれ以上の活躍とチームへの貢献がありました。体勢が整っていない中でも正確な強いキックが出来るように練習の中で意識をしていこう。今後良い体制ばかりでプレーはさせてもらえない試合も乗り越えていく為に。各選手、かいのドリブルが始まったら寄るのではなく、少し離れてボールを要求してみよう。かいのドリブルに対しての距離感を掴んでいこう。面白いようにビッグチャンスのパスが貰えます。

らいき キックの強度が増しています。確実に決めたい場面でのゴールが増えてきましたね。次は試合の中での運動量と予測を高めて、ボールを確実に味方へ繋げるパス。そのパスの強さと弱さ、味方がボールを止めやすい、蹴りやすいパスを意識していこう。試合の中で伝えたメッセージを意識して第4試合では素晴らしいアシストが見れました。更に味方のことを考える余裕を手に入れると自然と頭も上がっていき自分もプレーがしやすくなります。チームとしてのリズムが更に上がって行きます。意識して行きましょう。ディフェンスの場面での強さもバッチリでした。

あゆま 練習の中でのボールタッチと技術を試合の中でも実践していこう。コーチがビックリするような技術を練習の中で見せてくれます。練習に対する姿勢も素晴らしいです。あとは試合の中で発動する勇氣です。試合の中ではサイドに張り付く場面が多く見られましたがそこから中に入る動きを意識しました。その動きからの得点シーンも見る事ができました。次は縦へのドリブルではなくコートを横にドリブルしてみよう。サッカーでは大切になる動きです。横ドリブルは絶対にボールを取られてはいけません。その中、横ドリブルを行うと面白いようにパスコースが現れます。ドリブルの面白さとパスの面白さを味わって下さい。パスを出したらGoです。パスが返ってきてシュートでゴールです。横ドリブルで頭を上げてスペースを見つけ出しましょう。サイドで受けて中を向き、中央へのパスに試合の中での意識を感じる事ができました。素晴らしかったです。更に繰り返し感覚を掴んでいきましょう。

たくと 練習の中でコーチの話をしっかりと聞き意識を持って即実施する姿勢が素晴らしいです。動いたボールに対してのキックの質が一気に上がってきました。面白いように得点を決める事ができましたね。3点目のシーンでは中央からスピードに乗って相手を置き去りにしながらのシュート。素晴らしい迫力と勇氣、技術を見る事ができました。ディフェンスの場面でも足と身体が動くようになってきました。本人も今、絶好調と感じているのでは?これは絶好調というものでなく、たくとは感覚を掴みましたね。とはいえ多くの選手に言いますが、ディフェンスの場面で両足が揃う場面が見れます。練習の中で指導をしてディフェンスを高めて行きます。足のステップと柔らかさが出てきました。サッカーを観る目(状況把握)も高まって来ています。更に高めて行きましょう。

れお 数多くのチャンスシーンに顔を出して得点を決め切る事が出来ました。チームメイトに対しての声かけも良くチームの雰囲気を良くしてくれます。パスを足元に止めずに1発で移動。一気に方向を変える(スピードとリズムの変化)コレだけでもっとプレーに余裕が出ます。次はディフェンスでボールを奪還する。奪還したらディフェンスラインから何が出来るか。試合を動かす大きなパスにチャレンジしていこう。横ドリブルが必要になります(横ドリブルは取られてはいけない)その中でスペースを見つける技術を手に入れて行きましょう。

げんわ 終始強いプレスで相手を自由にさせませんでした。ドリブルと切り返しのキレ、リズムの変化が出て来ました。シュートを打つと誰もが思った場面で決定的なアシストパスが何本も。周りを見れていますね。視野と心にも余裕が出てきました。パスばかりにならず時には自分で行く。この2つの選択を持ちプレーをして行きましょう。(これがサッカーの難しいところであり楽しいところ)アフター気味で相手に当たらないよう意識をしていこう。相手も怪我をするし自分も怪我をしてしまいます。氣持ちを抑えるところもサッカー選手として大切になっていきます。なによりチームに迫力と強さを加えてくれました。

ゴールキーパー2人が不在の中、全勝優勝。素晴らしい結果を出してくれました。

しゅん、らいる 先ずはコンディションを整えて下さい。氣持ちを切らさず上を向いて。身体の怪我、心の怪我、各選手これから多くを経験していく事になります。その怪我を治す事もサッカー選手として大切な能力になります。早く治す事が求められますが、なによりしっかりと治す。これが一番大切です。完全復活を楽しみに待っています。出来ることを少しずつ、ボールは毎日コロコロ触ってね。

最後に、ユニアオ杯優勝”おめでとう!パーフェクトです。

そして迎えるU8リーグ決勝トーナメント。各自コンディションを整えて全力全開、一段二段とギアを上げ、チーム一丸となって闘っていきましょう!

大会を開催して頂きました関係者の方々、ありがとうございました。「もちむぎ」景品等を頂きましたスポンサーの方々、ありがとうございました。

また対戦をして頂きましたチームの方々、大変貴重な経験を頂きありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。

保護者の方々におかれましても多くのサポートを頂きありがとうございました。

何卒、今後とも宜しくお願い致します。

投稿者プロフィール

poster

前の記事

U9リーグ戦

次の記事

U10リーグ戦