U11 JA全農杯 決勝トーナメント

2月3日

1回戦
vs メジェール 2-1(1-0,1-0,0-1)
かいと→だいき、はる

準決勝
vs K-GP  1-2(0-0,0-1,1-1)
えいと→かいと

3位決定戦
vs アンフィニ 1-2(0-1,1-0,0-1)
しゅんすけ→みこと

4位。敢闘賞!

何度も延期が続いた今回のチビりん。
2次予選から期間が空いたのはウチにとっては良かったんじゃないかな。
約3週間で変わったのは主にメンタルとモチベーションか?
あれこれ考える事が減り目の前の事に全員が集中していた印象。

どのカテゴリーでも苦しむベスト8の壁。
今回もやっぱり苦しむ。それでも試合中のやれているって感覚、勢いは挑戦者らしくてかなり良かった。OKAYAの結果から見ればジャイアントキリングだし自分達の位置も前進。
ただその先へ進めなかったからまだ満足でもないし目指していきたい。

全体的に守備の意識が高くどの場面でも球際へ行けていた。どこで取るかがはっきりしていた。みこといつも以上に運動量が豊富で切替スピードが早い。はるいつも以上におさまる。かなり起点になっていた。あやと対人の強さはかなり発揮。時折見せるオーバーラップも効果的。ひかる前へのアプローチかなり助かった。役割がシンプルだった分思い切りの良さは出てた。かいぶ予想以上に安定感あった。勉強する事はこれからたくさんだろうけど今は怖がらずにやってくれる。2人とも上でもやれる所は見せてくれた。

対戦して頂いたチームの皆様、ありがとうございました。応援して頂いた保護者の皆様、ありがとうございました。

投稿者プロフィール

poster

前の記事

U9後期リーグ決勝T&TM