U-14リーグ(第3節)

2019年11月10日(日)@キャプテン翼スタジアム垂井

vs FC Re:star

前半0-10

後半0-7

失点の中でも、いろんな失点が・・・。

完全に崩された形、相手1枚に対し、4人が挑んでぶっちぎられた形。

パスミス等からの失点。

フィジカルとスピードの差があった場合、それをどう埋めるか。

途中、それぞれ個々が1対1を挑むだけでなく、周りの選手がカバーリングの距離を考えて

すこしづつ対応していく場面がみられたことはちょっと良い傾向。

ただボールウォッチャーになり、裏から走られた相手の選手をつかめないのはマズイ。

見えてる選手が教えてあげればいいのに。

っとはいいつつ、結構最後まで選手同士でしゃべってはいましたが。

そのコーチングのタイミングと質なのかな。

攻撃に関しては、2つ3つまでは良い形で繋がるが、その後、潰される。

どうしても相手のアタッキングゾーンまでが遠い。

まぁ、裏1本でいけるとも思わないので、仕方ないけど。

スピード勝負は無理なので、しんゆう、やまとなんかは奪われない持ち方と、

良い位置での味方のフォローは結構できてました。

次に向け、前を向いて頑張りましょう!

味方へコーチングできる選手、信頼します。

味方を鼓舞(励ます)できる選手、信頼します。

ミスはする、でもミスをとりかえそうと必死になる選手、信頼します。

言い方悪いけど、周りをうまく使って(動かして)ピンチを未然に防ぐ選手、

チャンスを作れる選手、けっこう好きです。

人には言うけど、自分がその立場になったら何もしない(責任を負わない)選手。

もし自分がプレーヤーなら一緒にやりたくない。もしくは、めっちゃ言い返す。

コーチじゃなく、仲間から信頼されることが一番重要です!

投稿者プロフィール

管理者
最新の投稿

前の記事

幼児体験

次の記事

U11チビリン1次予選